JALの航空券を払い戻ししたい時にはどうするのか、いくらかかるのか

JALの航空券を買ったものの、どうしても旅行ができなくなったという場合、皆さん払い戻し(キャンセル)を考えるものです。では、JALの航空券を払い戻ししたい時には、どんな手続きをとるのか、そして、いくらくらいかかるのかということを知っておきましょう。

JALの航空券を払い戻しできるかは、航空券によって異なる

率直に言って、JALの航空券を払い戻しできるかどうかというのは、その航空券をどこで購入したのか、そして、どういうタイプかによります。日本で格安航空券と呼ばれるものをインターネットなり、旅行会社を経由して購入したのであれば、これは、変更はまずできません。

キャンセルに関しては、キャンセル料を出せばできることもありますが、そうでないこともあります。また、JALから直接購入した航空券であっても、早めに買った航空券ほど、払い戻しができない可能性は高いです。

ですので、まずは、購入先にキャンセルできるかどうかを確認することから始めましょう。キャンセルできないのであれば、チケット料金は諦めるしかありませんし、キャンセル料が発生しても、キャンセルしたいのであれば、それを支払ってやるしかありません(多くの場合は、支払われた金額からその分をチャージして、差額だけがあなたの元に戻ってきます)。

一般的には、エコノミークラスであっても、普通運賃に近ければ近いほど、キャンセル料もかからず(少なく)、スムーズに払い戻しをしてもらえます。

JALの航空券を払い戻しできる場合にはいくら必要か

では、JALの購入した航空券を払い戻ししたい時には、一体いくらくらいかかるのかというと、これに関しては、その「クラス」によるということが言えます。クラスと言っても、エコノミークラスに関してはいくつかのクラスがありますし、ビジネスクラスに関してもCやJなどの、同じクラスによっても、よく見てみると、実は条件に違いのあるクラスというものがあるのです。

これによって、払い戻しの料金(キャンセル料)は異なります。最悪の場合、キャンセル料は発生しませんが、払った航空券代金は一切返ってこないという場合が多いです。特に、格安航空券で購入した場合には、こういった最悪状態を踏まえての安い料金提供なので、払い戻しをしたいといってもできないことがほとんどです。

もうちょっと上のクラスのエコノミークラスであれば、キャンセルはできても、キャンセル料は発生するという感じで、値段も、クラスによって異なりますが、15,000円や30,000円などのキャンセル料が発生しつつ、差額を返金してもらうという手段になります。

 

JALの魅力TOP