日本のトップを貫く航空会社!JALの魅力に迫ってみよう

昔の日本の航空産業は、JALの独占状態で、それは最近まで続いていましたし、いまだにその名残はあります。日本のトップの航空会社として、現在も色々な顧客から愛されている航空会社の魅力は一体どんなものになっているのか、いくつかピックアップしたので、参考にしてください。

主要な国内都市への路線を網羅している便利さ

そもそも、JALというのは、日本の航空業界を独占してきた企業で、その歴史は、1990年代まで続きましたし、今でも、その傾向が強いといえるでしょう。ですから、メインとなる空港(国内線であれば羽田空港、伊丹空港、新千歳空港や福岡空港など)を確実に網羅しており、その便数も、1日にかなり多いものとなっています。

このように、メイン路線を網羅したことによって、JALの歴史は始まり、他の航空会社にこの路線をシェアさせず独占していたのです。その名残が今でもあり、国内線の主要スポットを網羅しています。

もちろん、国内線だけでなく、国際線フライトにおいても、同じように日本人がよく行く場所、もしくは、日本人が多く住んでいるような海外の都市を中心に路線を就航させ、顧客を得てきたのです。

そんなこともあり、こういった路線をよくする利用者にとっては、「JALは信用できる」だとか、「JALなら確実に運んでくれる」というような印象を与え、今でも、その人気は、多くの日本人(特に年配の方になればなるほど)に利用されています。

社員はインテリで体育会系が多いからとことん利用者に尽くしてくれる

もちろん、オフィシャルにはしていることではありませんが、JALは、実は、インテリ集団でもあり、体育会系の社員が多いのです。そもそも、JAL自体が、日本でも大きな会社の1つであり、まとまりがない人がここで働いた場合には、悪い意味で目立ってしまいますし、やっていけないでしょう。

意識してではないのかもしれませんが、比較的、JALの社員というのは、いわゆる六大学を出ている人で会ったり、関関同立などの、名門校を出ている方であり、尚且つ、スポーツを長いことやってきたという方が、採用されやすい会社です。

そんなこともあり、上下関係の厳しい世界でやってきた社員ばかりですから、お客様(上)が困っていることがあれば、徹底的にやってくれるという社員(下)さんが多いのです。しかも、常にサバサバしていて好感度が高いということもあり、こういった社員選びにも、JALの今までの活躍は良い影響をもたらしているのです。

サービスはやっぱり手厚くて、上級会員になればなるほど手厚い!

これはJALだけではなく、アジア系の航空会社のほとんどに言えることですが、アジア系の航空会社は、とにかく、サービスに手厚いということが言えます。

同じトップを走る日系航空会社である全日空(ANA)も、この点に関しては世界からの評価も高いですし、JALもその点に関しては、日本だけでなく、世界の色々な国々から評価を得ているために、顧客満足度の高い航空会社として生き残っています。

ヨーロッパなどの、昔から階級社会がはっきりとしていて、今でもその名残があるような国の航空会社は、エコノミーとビジネスの搭乗者へのサービスの仕方が極端に異なることが、誰が見てもわかります。

しかし、JALの場合には、基本的にどんなクラスの人であっても、同じような対応をしてくれる(実際には、クラスが高くなればなるほどより良い対応になりますが、そういった状況を見せません)という、まさに「神対応」の航空会社として、世界で評判です。

嫌な顔を一つせず、グランドホステスもCAさんもサービスしてくれるのは、JALならではです。

割引運賃を提供するようになって、益々使いやすくなった

先述したように、JALはつい最近まで独占企業として、日本の航空産業を独占していました(日本でも独占禁止法はありますが、治外法権的な感じで何も注意されませんでした)。さらに言うならば、JALのせいで格安航空券が日本に入ってくるのは遅かったくらいなのですが、もうその波を無視することができなくなりました。

同じトップの日系航空会社であるANAに関しては、積極的に格安航空券を導入してきたのですが、JALに関しては、それをせず、常に普通運賃で売り出すことを主張してきました(それでも、JAL隙は購入するのです)。

ですが、格安航空券の打ち寄せてくる並に抵抗できず、ついに格安航空券(割引運賃)の導入を決意しました。ペックス(航空会社が発行する、正規の割引運賃)や、旅行会社が出す格安航空券など、いろいろな種類があるのですが、これによって、よりJAL便を利用することができるようになりました。

今まで高いからJALは懸念していたという方も、これを利用するようになったので、JALが私達にとって身近な存在となるようになったのです。

問題なく空の旅を送るために!手荷物・預け荷物情報は要チェック!

昔と今の基準というのは色々な面で異なりますが、飛行機を乗る上でも、かなり昔と今は異なっています。その中でも1番大きな違いが、荷物の量ではないでしょうか。特に、大荷物を飛行機に持って行きたいという方は、この荷物の規定量、ちょっと前までは、規定はあっても、かなりフレキシブルに対応してもらえたのに、最近ではそうでもなくなりましたよね。とにかく、少ない燃料で、あまり値段を変えずに乗客に空の旅を楽しんでもらうために、JALも荷物の規定量を厳しく設けています。その規定基準はどうなっているのか、実はシートクラスによってその違いもあるので、JALで旅立つ前に詳しくその規定について、細かい情報を身に着けておきましょう。

JALの国際線フライトに乗る際の預け荷物の規定量と注意点

JALフライトをアップグレード!そのメリットを知ろう!

JALのマイルを貯めている方は特に多いです。海外在住の方であっても、何とかそれを貯めようと必死になっている人が多い理由があrのです。その理由は、JALマイルを貯めることによって、搭乗者にはかなりのメリットとなるからなのです。特に、このマイルを貯めて、アップグレードをするという方が多いのですが、JALのフライトに搭乗する際に、シートをアップグレードする場合、どのような方法を使えばそれができるのでしょうか。そして、JALフライトの中でも、特に国際線をアップグレードすることをおすすめする理由、メリットとは一体何なのかということをここでじっくりご紹介すると同時に、注意点などについても一緒に学んでいきましょう。

JALのマイレージを使ってアップグレードをする方法とそのメリットとは

JALフライトをうまく利用して価値ある、危険のない旅をしよう!

「ああ、どうして海外の航空会社は日本から海外に行くのに安いフライトがあるのにこんなに時間帯が悪いのだろう」、そんな風に思ったことはありませんか。そもそも、どの国の航空会社も、その国の人々のことを考えて作られているものは当然です。だからこそ、国内シェアがあるわけです。しかし、日本の大手航空会社であるJAL、これも値段は海外の航空会社よりも高いけれども、日本から海外へ行く際には、私達日本人が使うメリットがあるからこそ、大手として君臨しているのです。そんなJAL国際線を利用したい方は多いでしょうから、どんな路線に就航しているのかをまず知りましょう。さらに、国際線を利用する際には、どんな注意点が必要なのかということを、ここで覚えておくと、スムーズな空の旅が可能です。

JALの国際線フライトはどこに就航し、どんな注意点があるのか

JAL航空券のキャンセルをしたい人必見!その方法と手数料は?!

どんな航空券でも、早めに購入すればするほど安く着くというのは、航空券に詳しくない方でも聞いたことがあるはずです。しかし、早めに航空券を購入することによってあるデメリットというのが、航空券をそのまま使わなければ損をしてしまうということです。つまり、変更やキャンセルがきかないことがあるのです。では、あなたがJALで購入した航空券は、キャンセルすることができるのでしょうか。もしそれができるのであれば、どうやってキャンセル手続きができるのか、キャンセルできるかどうかの判断はどうすればよいのか、そして、キャンセル手続きをする際には、いくらか手数料が発生するのかなど、気になることをここで一気に解決していきましょう。

JALの航空券を払い戻ししたい時にはどうするのか、いくらかかるのか

目指せJAL上級会員!そのメリットとなる方法とは?

特にJALフライトや、JALの加盟するアライアンスのフライトを利用してJALマイルを頑張って貯めている方、この人たちの目的は、JALの上級会員になるということです。これを意識していつもフライトに搭乗するので、予約する際も、JALフライト、もしくは、そのアライアンスのフライトを利用できるかどうかということです。そこまで「アライアンス」にこだわるのには、JALの上級会員になることが目的という方が多いのですが、それは一体どういうものなのでしょうか。JALの上級会員になることでどんなメリットを得ることができるのでしょうか。一般会員の方には知らないこともあると思うので、今後積極的にJALフライトを利用するためにも、その理由について見ていきましょう。

JALの上級会員にはどんなことをしたらなれるのか、その種類や特典は?

JALを利用した人の口コミ感想!JALのみんなの評判をチェック!

JALを利用した人の口コミ感想を紹介します。

男性20代
快適に移動するなら頼って良い航空会社です。
実家への帰省や仕事で昔から頻繁に使用しています。ちょっと旅行や遠出したい時はプラスJなどゆったりとしたシートで、普段はスタンダードな席で移動していますが快適ですね。早割を使えばかなり安くなりますし、安心して快適な移動を約束してくれる企業努力に感謝しています。

女性20代
優しく声をかけていただきました
機内の空調が私にはあっておらず、少し肌寒く感じていた時のことです。声をかけるほどでもないと思っていたので足元に自分の上着をかけていたのですが、その姿をみてすぐに毛布をもってきてくれました。とても丁寧な対応だったため、心遣いも嬉しく感じました。
女性30代
Jalに以前は不安があったが払拭された
岡山→羽田→旭川で利用しました。Jalは以前載った際に着陸の衝撃がすごかったので、とても不安でしたが着陸時はとてもスムーズに着陸しました。エコノミー席で行きましたが、少し上乗せしたらちょっといい席になるので、次回はそれを利用してみたいです。
男性40代
流石ナショナルフラッグの航空会社です
年2回程度使用しますが、他社と比べると航空運賃は割高感がありますが、その分、機内サービスだけでなく、チェックイン時からのサービスが良いです。特に国際線では本当にきめ細かく対応してもらえる印象です。長時間の移動でもストレスが少ないです。
女性40代
子連れでも安心できる航空会社です
小学生の子供たち二人を連れて利用しました。子どもたちへのおもちゃもすぐに持ってきてくれ、2人がお願いした千社札も数枚届けていただきました。飲み物のサービスも子供がいることもあり、特に丁寧であるなと感じました。
女性30代
観察力、気配りに驚かされました!
プロ野球のキャンプ見学のため、JALの伊丹~沖縄線を利用しました。キャンプ見学のブログを書きたいと思っていたので、行きの機内からチームマスコットをテーブルや窓に置いて写真を撮っていました。すると、CAさんが「キャンプ見学ですか?ブログか何か書かれるんですか?良かったら使ってくださいね!」と言って、子供さんがもらうJAL飛行機の小さいレプリカをプレゼントしてくれました。乗客は満員に近かったので、決して暇ではなかったと思いますが、いつから私の写真撮影を見てらっしゃったのかと、その観察力と親しみやすさ、気配りに感心しました。おかげさまで、臨場感が出た写真が撮れて嬉しかったです。
男性40代
経営破たんする前と比べてみた感想
経営破たんする前は、殿様商売的なところがありあまり好きではありませんでしたが、今のJALは経営破たんする前と比べて、サービスや乗客への対応はかなり良くなったと思います。また料金の値下げも頑張っているので、特に不満はないです。
女性20代
JALを利用して、いい旅ができました
JALは、接客もサービスもとてもよく、安心して飛行機の中で過ごすことができました。スタッフもニコニコ笑顔ですごく気持ちの良い旅をすることができました。忙しいのに、様々な旅行客に笑顔で対応しすごいなぁと思いました。何か、不安なことがあれば、スタッフに聞けばいいし、とても心強かったです。飛行機の中もきれいで、掃除が行き届いてるなと思いました。
女性30代
クラスJで快適な旅を満喫しました!
はじめてクラスJを利用しましたが、国内ツアーで予約をしたので、通常席の料金にわずかプラス2,000円で利用できました。座席がゆったりとしていて、ブランケットなどもふわふわのものが用意されており、機内でゆっくり寛げました。普通にチケットを購入するとクラスJはやや高いですが、ツアーで利用すれば差額がさほど高くないのでお得に利用できてよかったです。
女性30代
チャイルドミールがかわいかった
子連れでよく利用しています。前回、チャイルドミールを頼んでみたらオムライスの卵がキリンのようになっていてとてもかわいかったですが、離陸時にこどもにくれるおもちゃや雑貨がいつも同じなのがちょっと残念です。客室乗務員は親切ですし、離陸が遅れたりするようなこともほとんどないので安心して利用できます。

JALを利用した人の口コミ感想をまとめました!

経営破綻という、独占企業のまさかの展開を迎えた日本で長いことトップとして君臨してきた大手航空会社、JALは、この破綻によって、がらりと対応やサービスが変わり、それが、乗客たちに評価されていることがここからよくわかります。

今まではトップの香りを感じさせていましたが、それが今ではマイルドな対応になり、搭乗者と航空会社の距離が縮まり、搭乗者にはより利用したいと思われるようになりました。ミールも細かい点にこだわって搭乗者を喜ばせたり、乗客一人一人をよくチェックしているので、言わなくても欲しいサービスを施してくれるのは、日本の航空会社らしい対応です。

ANAにはなかったサービスもJALでは早めに取り入れたりと、今後も安心して快適な旅ができる航空会社だといえるでしょう。

jal 予約